細マッチョトレ、スクワットを片足でやったほうがいい理由とは?



細マッチョになる上で足のトレーニングをやる意味とは?

パンツを履くと足は見えないことも多いですし、見た目的には上半身や腕に比べて優先順位が落ちます。

しかし、太ももなど何せ大きな筋肉でカロリー消費量が多く、歩く、立つ、走るという普段の生活の中でもよく使われる筋肉なのでとても大事です。

だから、見た目に直結せずとも鍛えるべき

太もも周りを鍛えるのは本当のところを言うとジムでバーベルスクワットを行うのが一番効きます。
重さを調節して、負荷を適切にかけられますので。

日常、体重を支えているので特に鍛えていなくても足の筋肉は実は発達しています。そんなわけで負荷をかけないと大きくなりにくい。

ですので、本当はバーベルを使いたいのですが、ジムに行かなくても負荷を上げる方法があります

片足でスクワットを行う方法です。通称シングルレッグスクワット。

shutterstock_390459544


これで、足回りを鍛えて、筋肉=カロリー消費を増やし、太りにくい細マッチョ体質を作ります。


シングルレッグスクワットのやり方


やり方はこちらをご覧ください。



1、椅子の前に片足で立ち、後ろ足を座面に乗せる (椅子を使わないでエアでやると負荷が上げられます)

2、背筋を伸ばし、腰を真下に下ろすつもりでゆっくり膝を曲げていく (基本的に膝より前に出ないように)

3、太ももと床が平行になるまで膝を曲げたらゆっくり戻る。

1〜3を10~15回くらい繰り返す(できる人はもっと)。


シングルレッグスクワットの注意点


・動作はゆっくり行うことがポイント。ゆっくり行うことで筋トレ効果が高まります。

・膝をつま先よりも前に出すように行うと主に太もも前面に効かせられます。膝をつま先から前に出さないように行うと主に太もも裏面に効かせられます。

ただし、膝をつま先より前に出すと負荷が高まり筋力の弱い人は怪我の恐れがあるので、基本は膝より前に出さないようにしてください。

・この種目でも「どこの筋肉を使っているか」というのを意識しながら行うと効果が高まります。

・筋力に自信がない人は両足の普通のスクワットから始めてください。できる人は、がんばってシングルレッグから始めたほうが筋肉が育つのは早いです。











スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ