万能選手BCAAの見落としがちな実力とは?



FIRAマッスルサプリの成分としても入っているBCAA。

最近ではトレーニングをする人のみならず一般の人にも知られてきているサプリメントです。

実際に、BCAAは有用な成分として重宝されていて、特にトレーニングの前後に飲むと効果的です。

私も、アルバイトトレーナー時代からBCAAは慣れ親しんできた思い出深いサプリです。

この記事ではBCAAについて掘り下げてみたいと思います。

そもそもBCAAって何よ?


BCAA
BCAAとはシンプルに言うと「アミノ酸」です。

引いてみていきましょう。

まず、体のパーツ、皮膚、内臓、髪、爪といったものは主に「たんぱく質」でできています。
肉とか魚、プロテインに含まれているたんぱく質は身体を作る材料になるので、とても重要です。

そのたんぱく質はさらにこまかく見ていくと20種類のアミノ酸によって構成されています。

そのうち9種類は体内で生成することのできない「必須アミノ酸」と体内で合成できる11種類の「非必須アミノ酸」に分かれます。

さらにさらに細かくみていくとBCAAは必須アミノ酸の中の、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸のことを指します。

「必須」というのは外から補わないといけないという意味ですね。

体内で作り出すことができないわけですから、重要なアミノ酸だということがまず言えます。

では、BCAAの働きって?


トレーニング中には激しい動きを伴うのでエネルギーが不足しがちです。そうすると、体は筋肉を分解してエネルギー源として使い始めようとします。

筋肉=たんぱく質ですから、栄養補給が十分でないとその中に含まれるアミノ酸も分解して不足していきます。
結果として、筋肉を太くしようとしているのに筋肉が削れてしまうなんて悲劇が起こります。

そこで役に立つのがBCAA。

BCAAには筋肉の分解を防いだり、筋たんぱくの合成を進める作用があります。またトレーニングによる疲労を軽減するとも。

つまり、筋肉に栄養補給をして分解を防ぎ、合成も進め、疲労を防いで超回復を促すというまさに筋トレに欠かせないサプリ(栄養素)なのです。

注目すべきもう一つのポイント


という素晴らしいBCAAですが、私がもう一つありがたく感じてきたのは「トレーニング時のエネルギー源」になるという点。

ダイエットをしている時は特に糖質も制限気味になるので、負荷の高い筋トレはエネルギー切れでキツく感じます。

体内でエネルギー源になるのは主に糖質や脂肪なのですが、アミノ酸もエネルギーとして使われることはあまり知られていません。

糖質や脂肪が不足気味の時はアミノ酸からのエネルギー変換効率は10%以上にもなると言われ、実際にキツいトレーニングをしている時にBCAAを飲むとがんばれるのをたびたび感じています。

他にも集中力を増したり、男性ホルモンの維持に関わるとも言われ、BCAAはとてもユーティリティ性のあるサプリなのです。

トレーニングをする人には必須と思いますので、まだ試したことのない人はぜひ試してみてください。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ