細マッチョトレ「シットアップon バランスボール」で腹筋が割れる理由



細マッチョトレに必須の腹筋群のトレーニング。
シックスパックを作るにはどのような腹筋がいいでしょうか。

以前に、「バランスボールの上に乗ってシットアップを行うと効果的」と書きました。

この記事では、改めてなぜそれが腹筋に効くのかとやり方について書いていきます。

シットアップ=代表的な腹筋運動ですが、なぜバランスボールの上で行うとよいのでしょう。

それは腹筋の構造に関係しています。

腹筋というのは意外に長い筋肉で胸の付け根から骨盤あたりまで伸びています。

この長い腹筋を最大に伸ばしてから最大に縮めた時に一番使うことができます。

ところが床に寝た状態のシットアップでは角度が制限されているため、腹筋を思いっきり伸ばすということができません
腹筋ややや縮んだ状態から、もっと縮めるという運動になっているのがほとんどです。

その点、バランスボールの上に寝ると背中を反って思いっきり腹筋を伸ばす=最大伸長することができます。
そこから腹筋を思い切り縮める理想的なシットアップができるのです。

普段デスクワークの方はただでさえ前かがみで腹筋が縮んでいることが多いので、効果は大きいです。

ただのシットアップでも角度をつけることで効果が変わるというのを実感できると思います。

シットアップ on バランスボールの正しいやり方


やり方についてはこちらの動画を御覧ください。



1、バランスボールの上に仰向けになり、足を100度くらいで固定。腹筋を伸ばすことを意識し、深めに仰向けになる

2、腹筋の収縮を感じながら体を起こしていく。バランスボールからずり落ちない程度にできるところまで体を起こす

3、ゆっくりと仰向けの体勢に戻る。

1〜3を10〜15回ほど繰り返す。

注意点について


浅く腰かけて行うと体を起こせる幅が小さくなり、主に腹筋の上のほうに効く運動になります。シックスパックを狙うなら深く腰掛けて最大に腹筋を伸ばしましょう。

動作を早く行ってしまうと腹筋以外の筋肉の関与が大きくなります。腹筋だけを狙う撃ちするなら動作はゆっくり行うのが正しいです。

shutterstock_105205415

Let’s try!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ