ぎっくり腰などキツイ腰痛の時に効く対策法は…


自分が腰痛持ちだからか、腰痛の記事が多くなり気味です^^;

ぎっくり腰とかキツイ腰痛になった時にどう対処したらいいか。
第一のチョイスは「コルセット」かと思います。
ぎっくりで整形外科に行くと処方されるものも湿布とコルセット。
コルセットを巻くと確かに腰痛は楽にないます。

それはなぜかというのを軽く調べてみました。

理由の一つは腹圧が高まるからなんですね。お腹には内臓が収まっていてそれを筋肉が覆う形になってます。そこに腹圧という圧力がかかる。
腹圧が高まると、腰椎に対して伸展モーメントがかかります。簡単に言うと腰を伸ばすように作用します。背骨は横から見るとS字カーブになっていて、腰の骨は前側に曲がっています。腰をずっと曲げていたりお腹の筋肉が衰えたりする(=腹圧が弱まる)と、前かがみ姿勢が続きます。これが腰痛の原因になるわけです。反対に腹圧が高まると腰椎が伸びて、痛みが軽くなります。

もう一つの理由としては、コルセットを外側から巻くと、ずっと緊張している体幹部の筋肉がリラックスするから。筋肉を緊張させると血行が悪くなり痛みの原因になりますが、コルセットを巻いて筋肉が緩むとそれが緩和します。

 巻き方についてはちょっと注意が必要で、腹巻のように巻くと腹圧があまり高まりません。逆に強く締めすぎると腹の血流が悪くなる可能性がある。正しいのは骨盤の上のほうを包むように巻くのがいいそうです

 ただ、コルセットの目的はあくまで補強なので、ずっと巻いていると筋肉が弱くなります。だから、ひどい痛みが過ぎ去ったら頼らずに外したほうがよいみたいです。

PR
50000人以上が治ったというゴッドハンドの腰痛解消術とは…

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ