実際に2ヶ月で8kgやせた鉄板のダイエット法 その2


鉄板ダイエットの続きです。

前回のエントリで大方針を決めたことを書きました。

それは
1、体重の増減ではなく、一日の消費カロリーと摂取カロリーのバランスを重視
2、食事を重視して戦略として昼食のみ糖質オッケーのプチ糖質制限を採用

ということでした。

しかし、トレーナーの試験に備えて流行の糖質制限について調べていると面白いことがわかったんですね。
それは、糖質を制限すると体内の水分量が減るために体重が落ちるということ。

糖質というのは、体内で水分と結びついて保持する機能があるようなんですね。
だから、糖質がたくさんあると体内の水分量が増えます。

逆を言うと糖質が減ると糖質に結びついていた水分が必要なくなるために体外に出ます。糖質制限を始めると夜中におしっこにいきたくなって仕方がないという人がいますが、それはこれが理由です。

水分が外に出るとそれだけ体重も落ちます。だから、短期的に見かけ上体重が減ったように見えますが、糖質を摂ればあっという間に体重が戻ります。水分をまた体に取り込むからです。

これでは、体重が落ちただけで痩せたとは言えません。

プチ糖質制限でもそれなりに体外へ水分が出て、体重が「落ちたように」勘違いしそうだったので、やはり無理のない程度で運動も導入しようと決意しました。

普段、筋トレはそこそこしているので、毎朝30分だけ歩くことにしました。
なぜ朝かというと、朝に運動をすると体温が上がって代謝が活性化するからです。一日の初めに体のスイッチを入れて代謝をあげるとトータルでの代謝量が増えると予想。また、この体重で頻繁にランニングをすると膝をやってしまいかねないので、歩くことにしました。

その代わり頻度はほぼ毎日の週6日です。カロリー計算上は150kcalくらいにしかなりませんが、計算以上の効果があると踏みました。

また、糖質制限で体内の水分量が減ることが予想されたので、ランニング後はたくさん水分を摂ることも決めました。

まとめると
1、体重でなく消費カロリーと摂取カロリーのバランスを重視
2、昼食のみ糖質オッケーのプチ糖質制限
3、毎朝の30分のウォーキング


これで、2ヶ月のダイエットに臨むことを決意!さあ後は実践するだけです。

続きはその3で






スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ