酵素、酵素っていうけど、酵素ダイエットって正味の話、どーなのよ?


ここ1年くらい酵素ダイエットはやってますよね。

「そんなに酵素ってすごいの?それ飲むだけでほんとに痩せるの?」

って超遅ればせながらですが気になってきたので、本や論文を調べてみました。

すると、わかってきたのが

酵素ってすげーよ!!!

ってこと。

というかダイエットの括りで話すのはもったいないくらい。

語弊を恐れずに言えば、酵素の取り入れ方や使い方で寿命が決まるってくらいの威力のあるもののようで。



ざっくり簡単に説明をしますと、酵素って卵子とかと一緒でその人が持っている総量が決まってるものなんですね。

生まれつきや体質によって個人差はありますが、一生のうちに使える酵素の量は決まっています。

酵素の種類は消化酵素と代謝酵素の二つに分かれますが、この二つが大車輪の活躍をして物を食べたら消化をするし、何か有害な物質が体に入ってきたら代謝をするわけです。で、酵素が枯渇したら死ぬみたいな世界です。

枯渇するまでいかなくても、酵素の量や働きが足りなくなってきたりすると、有害な物質を代謝しきれなくなって病気になったり、食欲がだんだんなくなったりするみたいなんですね。

で、この酵素の量は一説によれば150年分くらいは体内にあるようなのですが、現代人はもっと早く枯渇してしまうそうです。

というのもしこたま添加物をとったり、酒やタバコをやったりと、酵素を無駄遣いするような機会が多いから。

ちなみに白髪ができるのは、髪を黒くする酵素がほかに使われて欠乏するからということだそうです。

これも酵素の無駄遣いなんですね。現代生活は酵素を無駄遣いするような局面が多くて寿命を縮めてますが、裏を返せばうまく酵素を活性化して無駄遣いしなければ健康に長く生きるって話です。

ということで面白すぎるぞ酵素!!

あんまり面白いネタなので酵素の連載を始めようと思います。


ダイエットだけでない人生に不可欠な酵素の働きを一緒に勉強していきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ