腰痛のタイプを知る


2800万人の腰痛持ちがいると言われる現代ニッポン(NHK調べ)。
自分も腰痛になることはあるが、いったいどんなタイプがあるのか。

ヘルニアとか怖いタイプの腰痛もあるし、自分のタイプを把握することが必要になる。

ざっくり言うと4つのタイプがある。

1、慢性の筋肉や筋膜性腰痛

いわゆる「腰痛」で、一番多いタイプ。骨が変形したりなどの深刻な症状はない。
腰の周りの筋肉や筋膜(筋肉を包む膜のようなもの)が固まったり、炎症が起きたりしてなる。
長時間のデスクワークなど腰を緊張させた状態にしておくとなりやすい。たぶん、自分はコレ。

2、腰椎椎間板ヘルニア

いわゆる「ヘルニア」。これはちょっと深刻。腰のところの骨のつなぎ目にサンドされている椎間板内の髄核が骨から背中側にはみ出して外に出ている状態。このはみ出した部分が神経に触ると、腰から、お尻、足へと痛みが広がる。ただの筋肉の凝りではないので、根治にはレーザー治療などが必要な場合も。

3、脊椎分離、すべり症

激しいスポーツなどで起こりやすい腰痛。腰の骨の椎骨が拾う骨折して起こるらしい。脊椎が変形して、ひどいとそのまま骨がすべってすべり症というやつになる。これはお医者さんに診てもらわないと治らないタイプ

4、腰部脊柱管狭窄症

脊柱の中を通っている神経が圧迫されて痛みが出ている状態。年をとると脊柱管が狭くなったりするらしく、その中を通っている神経を圧迫する模様。神経が圧迫されているので、お尻や脚にまで痛みがつながりやすい。

ざっくりいうとこの4つのようだ。
そして、若い世代ならほとんどが1番の筋肉、筋膜性の腰痛
自分もこれに当てはまりそう。
これは自分でもなんとか治せる腰痛なので、解消法をチェックしていきたい。

骨や神経などの変形を伴うものは、根治を目指すなら整形外科などにきちんと診てもらわないと難しそうだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ